生保とがん保険のちがい

保険には猶予期間が

bing

保険と責任開始日の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

がん保険の待ち期間とは

責任開始日というのは、加入した保険が契約上の責任を開始する日のことです。これは申込書が提出された日ではなく、告知と診査、そして第一回の保険料の支払いが終わった時点で初めて成立します。このすべてを1度に行うと、その日から契約上の責任が発生します。ただ、がん保険の場合は多少違います。開始日を含めて90日、約3か月間経ってから責任が発生することになります。この90日間は一般に待ち期間とも言われます。もしこの90日の間にがんが見つかって治療や手術を受けても、保障は適用されませんのでご注意ください。がん保障に加入される場合は、保障開始を早くするためにもやはりお早めに、そして口座引き落としなどで確実に掛け金を支払うことをおすすめします。

責任開始日にご注意!

生命保険の責任開始日とは申込があり、告知若しくは診査の完了と第一回保険料の支払い完了が揃った時点を言います。しかし、がん保障の場合はそれらが整った時点から90日経過した翌日を言います。がんは症状が現れるのに時間がかかる事が多く、既に罹患しているにもかかわらず、その事実に気が付かないまま加入される事を防ぐのが目的です。90日経過前にがんの診断を受けた場合は契約解除の上、支払った保険料が戻ってきます。がん保険で注意したいのは、生保会社の約款によっては、「その日以後に診断確定された場合に支払う」と書いてある場合と、「その日以後にがんに罹患し、診断確定された場合に支払う」と使い分けてある事です。前者が有利ですね。