待機期間のあるがん保険

がんと保険待機期間

bing

保険と責任開始日の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 待機期間のあるがん保険

新着情報

がん保険の待機期間とは

日本で発売されているがん保険には待機期間が設けられている商品が多くあります。通常は90日となっていますが、この数え方を勘違いしている人が多くいます。成立要件は「申込み」「告知」「第1回目掛け金の支払い」ということがあまり知られていないため、90日のスタートラインがわからないということがあるようです。上記が成立した日、あるいは翌日からカウントがスタートします。これらは生保会社や商品によって異なることがあるので詳細はその商品の約款などを確認するようにしましょう。加入前には各社の特徴や違いも確認したいものです。

がん保険に入り損ねないために

日本は、がん大国と呼ばれるほどがんによる死亡者が多い国です。年齢が上がれば上がるほど羅患リスクが増えてくるため、若い時にはあまり意識しない事が多いのですが、年齢を重ねる事にがん保険に入る事を意識するようになります。加入する場合には、ほとんどの生保会社で90日間の待機期間があります。これは、がんを患っている人が自覚症状のないまま気づかずに健康体として加入することを防ぐ目的です。この定められた期間に癌であることが確定診断された場合には、保険金は支払われないようになっています。なるべく若く健康であるうちに将来の万が一への備えとして加入することをお勧めします。